埼玉県立大学の公募推薦の対策まとめました!埼玉県立大学の公募推薦の日程・試験内容・対策など

 

埼玉県立大学の公募推薦の対策についてまとめました!

 

 

この記事では

埼玉県立大学の公募推薦の受験を

考えている方に向けて

 

✓埼玉県立大学の公募推薦の出願条件

✓埼玉県立大学の公募推薦の試験内容

✓埼玉県立大学の公募推薦の日程

✓埼玉県立大学の公募推薦の対策方法

 

をご紹介します!

 

 

埼玉県立大学の公募推薦を

受験しようと考えている人は

この記事を参考に

対策してみてください。

 

 

 

●埼玉県立大学の公募推薦の出願条件● 

埼玉県立大学の公募制推薦入試 

2019年度の入試の出願条件

(埼玉県立大学HPより)

 

次のいずれにも該当し、出身高等学校(特別支援学校高等部及び中等教育学校を含む。以下同じ。)の長が責任をもって推薦できる者とします。

(1)次の1、2、3のいずれかを満たし、かつ、平成30年4月から平成31年3月までに高等学校を卒業した者又は卒業見込みの者

1.埼玉県内の高等学校に在学する者
2.平成30年4月1日以前から引き続き埼玉県内に住所を有する者
3.平成30年4月1日以前から引き続き埼玉県内に配偶者又は一親等の直系尊属が住所を有する者

※ 「埼玉県内に住所を有する者」については住民票等に基づき確認します。

(2) 合格した場合には、入学することを確約できる者

(3) 学業成績、人物ともに優秀で、かつ、志望学科の課程を学修する強い意志を有する者

(4) 出願時までの総科目全体の評定平均値が3.5以上の者

(5) 本学卒業後、埼玉県内において本学で修学した学科に関連する職業に従事する強い意志を有する者

 

 

 

 

●埼玉県立大学の公募推薦の日程●

埼玉県立大学の公募制推薦入試 

2019年度の入試日程

 

出願期間:

2019年11月1日(木)~6日(火)

 

試験日:

2018年11月18日(日)

 

合格発表日:

2018年12月5日(水)

 

 

 

●埼玉県立大学の公募推薦の試験内容●

 

2019年度入試の概要が発表されました。

詳しい情報は必ずHPや募集要項で

確認しましょう。

 

 

埼玉県立大学の公募制推薦入試

2019年度入試の試験内容

 

・小論文試験

・面接

・提出書類

 

配点は小論文70点、

面接と提出書類30点の
合計100点です。

 

センター試験の得点は課されません。

 

 

 

●埼玉県立大学の公募推薦の対策方法●

 

埼玉県立大学の公募推薦の

小論文の過去問は、

大学が公表しており、

資料を請求すれば

手に入れることができます。

 

埼玉県立大学の公募推薦の

小論文試験は、例年、

英語の長文(多くは医療・福祉に関するテーマのもの)

を読み、内容に関する正誤問題などと

内容に関するテーマの意見を400字程度で

論述させる問題が出題されています。

 

「小論文」となっていますが、

センター試験と同じくらいか、

やや難しいレベルの英語長文の

読解問題という要素が強いです。

 

小論文の書き方だけでなく、

医療・福祉に関する知識の勉強や

英語の対策をしっかりしておくことが

必要になります。

 

 

 

●英泉塾高等部の推薦・AO入試対策講座「探ゼミ」●

 

英泉塾高等部の

推薦・AO入試対策講座「探ゼミ」では、

埼玉県立大学の公募推薦に

必要な対策の全てを

マンツーマンで行うことができます。

 

・小論文の書き方

・面接練習

・志望理由作成

・県立大英語の個別指導

など

 

 

 

 

受講者の喜びの声

 

埼玉県立大学 

保健医療福祉学部 

健康開発学科 

健康行動科学専攻 

公募推薦入試 合格!

「私は、8月まで部活が忙しかったので、好きな時間に授業が受けられるところが一番大きかったです。いつでも自分の希望するときに、公募推薦入試対策の面接練習をしていただけたことが非常に良かったです。思うように小論文が書けなかったときは親身になって相談にのっていただき、書けたときには一緒になって喜んでくださいました。そのような先生方の支えがあってこその合格だと思います。」

与野高校Nさん

 

 

埼玉県立大学 

保健医療福祉学部 

健康開発学科 

健康行動科学専攻 

公募推薦入試 合格!

「発表までの期間が長すぎて眠れない日が続いてドキドキでした。番号を見たときは本当に嬉しかったです。努力を惜しまず、頑張ってきて本当によかったです。部活で始めるのが遅くて、今からやって間に合うだろうかととても不安でした。小論文は今まで書いたこともなかったし、面接も何をしたらよいのか分からず、始めは大変でした。ですが、〇先生や〇ちゃん先生の指導のおかげで、何とか本番に間に合わすことができました。泣きそうになったときもありましたが、私のために指導していただいていると考えると、本当に頑張ろうと思うことができました。」

与野高校Sさん

 

 

無料体験も随時受け付けています。

ぜひお気軽にお問い合わせください!

英泉塾高等部

電話:048-829-7565

HPからのお問合せはこちら